cave canem

京都の小さな町家の宿 あずきやからのお知らせと日記を書いています。 あずきや http://www10.plala.or.jp/azukiya/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宇治抹茶ケーキ

20050831223156.jpg

知り合いの方に教えてもらって、はまってしまったケーキを少しだけうちで取り扱うことにしました。宇治の茶園が作っておられる抹茶ケーキで、しっとりした二色の抹茶ケーキの真ん中にあずきが入っていて、とてもきれい。パッケージもかなりかわいいくて、おみやげにお薦めです。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/31(水) 22:41:57|
  2. たべもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

浴衣茶会

SN260013.jpg

今日はあずきやでお茶のお稽古会をやりました。せっかくだから浴衣を着て集まろうと言っていたら、ほんとに全員浴衣で登場。朝から大忙しだったのであきらめていた私も、慌てて着ることに。ぐさぐさになってしまったけど、ま、いいか。
お稽古の前に、夏といえばということで、落語の研究をしているNさんに「怪談」について発表してもらいました。東西の落語家によってお話の趣旨が変わってくること、「播州皿屋敷」というけれど、実は日本全国にお菊さんの話があることや、大阪では怪談もすっかり笑い話になること等々、「へぇ~」がいっぱい。タイガー&ドラゴンの江戸の落語も面白かったけど、今日ビデオで見せてもらった枝雀さんはやはり素晴らしかったです。
  1. 2005/08/28(日) 22:08:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豪華ディナー

20050823152012.jpg

昨日の晩ご飯。豪華でしょー。2色のテリーヌとトスカーナ風塩なしパン。お料理上手な友達が届けてくれました。これ、実はワンコのごはん。私にではなくマディへのプレゼントです。でも人間も食べられるとのこと、早速マディの上前をはねてご試食です。犬用に塩を抜いてあるので私は塩とオリーブオイルをかけて頂いたのですが、おいしかった~。マディも目の色を変えてボウルに顔をつっこんでいました。
次は生春巻きに挑戦らしい。むふっ。たのしみ。
  1. 2005/08/23(火) 15:37:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

修学院離宮

その日の午後、修学院離宮にも行って来ました。こちらは桂とは反対に、京都の北東のはしっこ。涼しくて夕日がきれいかも?と思ってこちらを午後にしたのだけれど、残念ながら雲行きが怪しくなり雨になってしまいました。
修学院離宮は桂よりかなり敷地が広く、棚田の真ん中に松並木の小道が続き、その先にそれぞれ違う趣のエリアがあります。中でも一番山奥にあるお庭には、とても大きな池があって、その上のお茶室からの眺めはスバラシイのです。お天気が悪くてほんとに残念。
特別かっこいい建物がありませんがのびのびとしていて、毎日をゆっくり暮らせるように考えられた離宮なのかなと思いました。
20050828202924.jpg

  1. 2005/08/20(土) 20:51:58|
  2. みるもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かき氷

中村軒

桂離宮の後はすぐ前の和菓子屋さんの中村軒で休憩です。ここのかき氷はおいしくて、夏になると行きたくなる店のひとつ。あずきやからはかなり遠くてなかなか行けないので、桂離宮と同じぐらい楽しみにしていました。いろいろ悩んだ末、私達は宇治金時と宇治ミルク、ゆず氷にしました。特に友達の食べたゆず氷は、ジャムみたいなのがプニュプニュで、とってもおいしかった。どれも白玉付きです。
本来の名物は麦代餅(むぎてもち)という、とても大きなあんこのお餅で、一つ食べたらおなかがいっぱいになるすごいお餅、と記憶していたのですが、ミニサイズができていました。
  1. 2005/08/16(火) 22:36:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

真夏の桂離宮

2日間のお休みで今までできなかったことをしようと、京都にある宮内庁の建物の見学をしました。最近は御所の事務所に直接申し込むと、翌日に見学できることもあるのです。初日は桂離宮。案内の係について歩くんだけど、この人がかなり面白く、ほんとにほんとに桂離宮の全てを愛していた。たしかにお庭の敷石や橋まで何もかも素敵。毎日ここの世話をしていたら誰だって「もうっ!誰も触らないで!」ってなると思う。
子供の頃は、お茶室を見ても、汚い家やなぁぐらいにしか思わなかったけど、久々に見るここは「おーモダンでかっこいいな。」というかんじ。
昔の人はここでどんな風に遊んでたんだろう?それぞれのお茶室ではそれぞれ違う景色を楽しめるし、田んぼすら計算され尽くしていて、隙がない。長期滞在というより、造ることを楽しみ、お客様をもてなすために使われたような気がする。まぁ、とにかくどっから見ても美しい離宮。
めんどくさい手続きをしてでも必見です。しかもタダだし。

20050828202856.jpg

  1. 2005/08/14(日) 23:56:48|
  2. みるもの

圓通寺

円通寺

毎日暑い。。。涼みがてら比叡山の借景で有名な圓通寺に行ってきました。確かに遮るビルもなく比叡山がズバッと見えるのですが、お庭が枯山水というのかぱさぱさした感じで、しかも比叡山も霞んでいたので夏はもひとつなのかな?
山を挟むようにもみじがあったので、お連れは、きっと紅葉の時期はいいだろね。と言っていました。
人も少なく、ゆっくりと景色を楽しむ事ができるけれど、寝転ぶと、誰もいないはずなのに即座に注意されるのでご注意。このタイミングはなかなかスバラシイ。
  1. 2005/08/05(金) 09:14:50|
  2. みるもの

夏の貴船

kibune.jpg

久々に貴船に行って来ました。中学の時以来かな?
駅から貴船神社の奥の院までの川の上にずらずらっとお料理屋さんが川床を出していて、懐石みたいなものを食べさせてもらえるのですが、流しそうめん1200円と書かれているところを見つけて、お昼はそこに決定。待合い用の床と食事の床は離れていて、まずはその床で待っていると食事の床に呼んでもらえるシステム。待っている間は川に足をつけたりして、寝ころがったりしてのんびり遊べます。流し素麺は何組か並んで係りの人が流してくれるのですが、ちゃんと一組づつ別々のレールに流してくれて、流す順番も決まっていて、かなり笑える。量もちゃんとあって、私は途中でおなか一杯になりました。食事の後は貴船神社に寄ったのですが、新しく建て直されていてちょっとショック。義経効果かな。それと隣で拝んでいた若い女性があんまり長いこと拝んでいるので、ここが恋の神様だったことを再確認。いやマジで長くてたぶん3分くらい。てきとーに手を合わせ、これじゃあいかんともう一度拝んでもまだ終わってませんでした。成就するといいね。
  1. 2005/08/02(火) 09:45:40|
  2. みるもの

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。