fc2ブログ

cave canem

京都の小さな町家の宿 あずきやからのお知らせと日記を書いています。 あずきや http://www10.plala.or.jp/azukiya/

楽町楽家

いよいよ来週の日曜日になりました。お天気が心配。

6/8(日) 88.あずきやガーデンコンサート
          
時間:16:00~
場所:あずきや 
料金:\1,500-
定員:40名  ※要予約
協賛:京町家情報センター 丸吉住宅

 「あずきや」&「あずきやセム」の奥にあるお庭でのコンサート。表の三条通からは想像もつかない明るく、楽しい空間が広がっています。イメージは、町家の中でのヨーロッパ風ガーデンコンサート。リラックスした雰囲気で、京都の夕暮れに広がる音楽をお楽しみ下さい。ヨーロッパでアカデミックな作曲を学んだピアソラやジスモンチ等の作品をヴァイオリンやバンドネオン・ギターの小編成で聴いていただきます。他にも、嬉しいサプライズが用意されているかも・・・。

竹田 治彦(ヴァイオリン)
3歳よりヴァイオリンを始める。2002年より2004年まで京都大学交響楽団にてコンサートマスターを務めた。2004年第10回熊楠の里音楽コンクール大学一般の部第1位および南方熊楠邸保存顕彰会長賞(全部門最優秀賞)受賞。また、第6回大阪国際音楽コンクールではグランドファイナルに出場し、ハイアット賞を受賞。その他国内の数々のコンクールで受賞している。一方、ティスト弦楽四重奏団の第1ヴァイオリン奏者として関西・関東で演奏活動を行い、第6回フランス音楽コンクールにて優秀賞受賞するなど、室内楽にも積極的に取り組んでいる。 2007年には11名から成る弦楽合奏団、アンサンブル・セリオーソを結成しコンサートマスターを務める傍ら、京都大学交響楽団弦トレーナーとして後進の指導にあたる。これまでに宮嶋諄治、上森恵子の各氏に師事。
使用楽器はG.Baptista Ceruti Cremonerisis fecit Cremona Italy An 1815

山本 修平(バンドネオン)
7歳でバンドネオンをはじめる。2002年に、バンドネオン仲間とともに、タンゴバンド「タントタンゴ」を結成。桜ノ宮アンサンブルホールで演奏会を行う他、関西のライブハウスや各種イベントに出演している。一方で小編成のアンサンブルにも積極的に参加し、タンゴのみならず様々な音楽に取り組んでいる。

築岡 大輔(ギター)
98年からギターを北口功に師事。01年よりステファノ・グロンドーナに師事。02年キャレン・トウィード、03年マウリシオ・カヒーリョ、05年ブレーシャの講習会にてラウラ・モンディエッロのレッスン受講。近年は京町家を見直す活動に音楽を通して演奏・参加・協力をしている。また他楽器とのアンサンブル活動(encuentro・Tangology)や混声合唱団を結成し、活動の幅を広げている。http://daisuko.http.cc/

お申し込み、詳細は下記まで
楽町楽家 6月日程
  1. 2008/06/02(月) 18:22:51|
  2. NEWS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cavecanem.blog17.fc2.com/tb.php/122-2758de7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)